はじめに


 このページは広島大学 大学院教育学研究科 深谷達史のホームページです。


専門分野


 教育心理学(特に教授・学習領域)


研究テーマ


 具体的な研究として,以下のようなテーマを扱っています。

(1) 有効な教育方法の開発と評価
 自立した学習者の育成を目標とした,有効な教育方法の開発と評価を行っています。教科の知識・技能の獲得を目指した習得的な学習だけでなく,自らの興味・関心を追究する探究的な学習についても研究・実践を進めています。

キーワード:知識,メタ認知,学習方略(学習スキル),自己調整学習

(2) 自立した学習者を育てる教師の養成と研修
 認知心理学に基づく学習支援のあり方を学ぶことが,教員養成課程の学生や現職の先生の指導力向上にどう寄与するかという問題意識のもと,介入の開発やその評価研究に着手しています。

キーワード:Pedagogical Content Knowledge(PCK),認知カウンセリング,授業研究


研究アプローチ


 本研究室では,調査や実験の他,自らが実践を創る主体となる実践構築的なアプローチを用いています。具体的には以下のような活動を行っています。

・勉強に悩む児童生徒を対象とした個別的な学習相談(認知カウンセリング)

・児童生徒に対する学習法の指導に焦点化した学習法講座

・校内研修を通じた学校の先生とともに行う協働的な授業づくり


アナウンス


 本研究室では,大学院生(博士課程前期・後期),日本学術振興会特別研究員PDの受け入れを行っています。自らの実践の質をより高めたいという現職教員の方も含め,関心のある方は下記の連絡先までご連絡ください。

 また,本研究室では,地域の小学生を対象に,認知心理学の知見をもとに学習上の悩みを解決することを目指す個別相談を実施しております。「相談に参加したい」,「事業に関心がある」という方はどうぞ下記のページをご覧ください。

 広島大学 大学院教育学研究科附属 教育実践総合センター


連絡先


メール:fukaya(at)hiroshima-u.ac.jp
※(at)を@に変えてご連絡ください。

研究室の所在:東広島キャンパス 教育学部L棟 3階



inserted by FC2 system